« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.10

理解に苦しむ年金流用の継続に怒りの声を

 来年度もまた年金保険料の流用が続くのだそうです。

年金事務費: これまで通り保険料財源継続へ

 社会保険庁は8日、年金保険料の流用だと批判されていた年金事務費について、公用車買い替え費などを「内部管理事務経費」として一般財源に戻す一方、保険料徴収や年金給付など保険事業に直接かかわる部分約1200億円はこれまで通り保険料を財源とする特例措置を続けることで、財務省と最終調整に入った。決着は来週の閣僚折衝まで持ち越されそうだ。
MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題より

 本来なら、そもそもこのようなことが行われていること自体が異常極まりないことなのです。
 仮にも「保険料」とうたっているお金が、社会保険庁の経費として恒常的に(しかも適法に)使い込まれているという事実は、正に言語道断の自体と言う他はありません。
 保険会社であれば、保険料として集めるお金は、保障費用として積み立てる「純保険料」と事務経費として使用する「付加保険料」とに厳然と分別管理がなされており、各保険会社は付加保険料を如何にして圧縮して顧客利益を増大させるかしのぎを削っているわけです。
 それが、社会保険庁は公的な年金保険料として積み立てておくべき、保障費用を野放図に経費に流用して、現に保障費用は目減りし、枯渇しようとしているわけです。
 とにかく、わたしはこの件に関する限り、財務省の主張には断固として反対です。
 もちろん、社会保険庁にはコスト削減策を抜本的に見直す必要があります。しかし、それができていないからといって、保険料からの流用を続けさせて良いというのは、まったく理解に苦しみます。
 まずは、保険料流用はストップする。改革をするには、すべてはそこからだと思います。
 その上で、公的年金事業は民営化なり、民間保険会社への委託なり、抜本的な改革を行うべきだと思います。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.12.09

賃貸住宅フェア

 12月8日。東京ビッグサイトで開催の賃貸住宅フェアに行ってきました。
 この日は天気も非常に良かったので、日の出桟橋から水上バスで行きました。青空の下、東京湾を船で渡るのは最高に気分がいい。地上では猥雑にしか感じられない東京の街並が、陽を浴びてキラキラと輝く水面から眺めるとこの上なく奇麗に見えるから不思議です。
 さて、賃貸住宅フェアですが、あいかわらずの大盛況でした。
 ここ数年、資産経済のトレンドは間違いなく不動産の賃貸運用に動いています。
 かつては不動産屋の本業と言えば売買で、賃貸などは店の隅でオバサン一人に適当にやらせておくというぐらいのものでした。それが、今ではPMなどと呼ばれ、大手の不動産会社もしのぎを削って取り組んでいる。正に隔世の感があります。
 そんなわけで、防犯関連の業者のブースで防犯フィルムを貼ったガラスを思い切り金属バットで叩き(ぜんぜん割れなかった!)、講座を2コマ聴き、紙袋いっぱいチラシやカタログ類を持って帰路につきました。
200412081016.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »